旬鮮組 - 旬の食材を八食の店主たちが独自の視点で紹介。八食ならではの商品知識は知って特するものばかり!

ホッキ貝
◆ ナビゲーター:岩村商店 中河原三義さん
旬は八戸・三沢沖の漁獲期間ともなっている12月~3月。「ホッキ貝(北寄貝)」の名は、強い北風で海岸に打上げられることからついた俗称で、『うば貝』が本名。三陸産(八戸・三沢)のものが、あまり砂を含まないことから逸品とされています。12月~3月の時期は、八食センターに並べられているほとんどが、八戸・三沢沖のものです。しかし、主な漁獲量は北海道で、全体の6割を占めています。その為、八戸・三沢沖の漁獲時期以外の4月~11月は、ほとんどが北海道産のものとなっています。

美味しいホッキ貝の見分け方
ホッキ貝の見分け方


大きさと値段の違い
  1コの重さ 大きさ(直径) 値段(1コあたり)
200~300g 10cm 約70円
300~350g 12cm 約135~150円
特大 350~400g 13cm 約150円
※上記は平成17年2月21日現在のデータです。
※漁獲量や時期により大きさ・値段等は変わります。

大きさの比較図

『旬鮮組』トップへもどる

  • おしらせ
  • 八食レポート
  • 好き勝手広場 七厘村
  • 施設のご案内
  • 旬鮮組
  • オンラインショッピング
  • Twitterでつぶやき中
  • 八食センター公式フェイスブックページ
  • 八食メールマガジン

↑ このページのトップへ