旬鮮組 - 旬の食材を八食の店主たちが独自の視点で紹介。八食ならではの商品知識は知って特するものばかり!

ホタテ
◆ ナビゲーター:日登商店 日登 泰子さん
北国の厳しい大海原で育つホタテは、海の旨味をぎゅっと凝縮したまさに海の恵み。ぷりぷりとした歯ごたえと口の中に広がる甘みは最高の逸品。捌き方も意外と簡単。調理方法も多く、栄養たっぷり、しかも低カロリーなので女性にもおすすめします!
この機会においしいホタテを食べてみよう!!

ホタテの見分け方



オス・メスの見分け方
生殖巣の色の違いで区分します。オス(精巣)は黄白色をしておりメス(卵巣)はオレンジ色です。

オレンジ色の物体とは?
まれにエラの部分などにオレンジ色をした小さい丸いものが付いていることがありますが、これは「エラカザリ」と呼ばれる寄生虫の一種です。食べても害はありませんが、気になる場合は流水で洗い落としましょう。

エラカザリ

見分け方のポイント
ホタテの産地
水揚げの約8割が北海道で、次に青森・宮城・岩手など。八食センターにあるホタテは宮城産(三陸産)のものが多い。

ホタテ貝の成長
ホタテ貝の成長図 ホタテ貝の成長(年齢と殻長)はおよそ左図の通り。
※年齢・・・産卵後からの満年齢

増殖と養殖の違い
●地巻方式=増殖
中間育成により4~5cmくらいに育った稚貝をヒトデなどの害敵を駆除した漁場に適正な密度(1平方メートルあたり6個以内)で放流し、2年以上たってから漁獲する。
●垂下方式=養殖
ホタテ貝は、海底で生活するのが自然ですが、これを海中の施設(篭に入れるか、吊り下げるか)で育てるのが垂下養殖。現在はこちらの方法がほとんどです。

天然との違いは?
・殻の端に直径2ミリ程度の穴が空いているものは養殖。
・天然は貝殻が厚め。
・味は天然も養殖もほとんど違いはありません。



大きさ・重さ・値段の違い
ホタテ貝1コの値段
 
大きさ(殻長) 13cm 12.6cm 11.6cm
重さ 220g 190g 138g
値段(1枚) 約200円 約150円 約100円
1箱の枚数 20枚入り 25枚入り 30枚入り
※上記データは平成17年10月7日現在のモノです。

貝柱の大きさが違います!
おいしい食べ方

買った当日はやっぱり刺身で食べるのが一番。翌日食べる場合は貝焼きやフライなどに調理するのが良いでしょう。3日目以降もカレー・シチューなどの煮込み料理にすればおいしくいただけます。

【保存方法】
●冷蔵保存の場合
貝殻をポリ袋などに入れて、冷蔵庫で保存してください。(賞味期限:冷蔵で1~2日間が目安です)
※生ものですのでお早めにお召し上がりください。

●冷凍保存の場合
長期保存をする場合は、貝殻から身をはずし、ラップで包んだり、ジップロックなどに入れ、冷凍庫で保存して下さい。(賞味期限:冷凍で1ヶ月間が目安です)

栄養と効能
カルシウム、ビタミン、鉄分、タウリンなど数多くのミネラル分を含んでいます。特に生活習慣病に有効とされるタウリンは、ホタテ1個になんと約1000mg含まれているそうです。低カロリーのうえ栄養豊富。たっぷり食べたいですね!

『旬鮮組』トップへもどる

  • おしらせ
  • 八食レポート
  • 好き勝手広場 七厘村
  • 施設のご案内
  • 旬鮮組
  • オンラインショッピング
  • Twitterでつぶやき中
  • 八食センター公式フェイスブックページ
  • 八食メールマガジン

↑ このページのトップへ