旬鮮組 - 旬の食材を八食の店主たちが独自の視点で紹介。八食ならではの商品知識は知って特するものばかり!

 

◆ ナビゲーター:シマワキ水産 代表取締役 嶋脇治行さん
毛蟹は寒くなる時期が良いモノが市場に出回ります。この時期の毛蟹は身もミソもびっしり詰まって見た目よりもずっしり重く食べ応えも十分! 八食では生きた毛蟹からボイルした毛蟹まで大・小様々に、ご予算や用途に合わせて選べる豊富な品揃え。八食で良い毛蟹を味わっていただきたい。
 

かにの大きさ
☆ずっしりと重い蟹を選びましょう。小ぶりの蟹でも見た目以上に重さが感じられる蟹は、身がしまり、蟹味噌もたくさん詰まっている証。大きさの割に値段の安い物は要注意!
☆甲羅が堅いものを選びましょう。甲羅が堅い蟹は『堅がに』と呼ばれ、身が多く良くしまり、味噌も多い。蟹は脱皮して成長していきます。時期は3月末から6月頃におこなわれます。脱皮後の蟹は『若がに』『スープがに』と呼ばれ、甲羅が柔らかく、身は少ないです。しかし値段が手頃なので、自宅で食べたりダシを取ったりするのに向いています。
☆足の付け根を押してベコベコへこまないものを選びましょう。
☆色は濃いものを選びましょう。

美味しい食べ方
【活毛蟹の茹で方】
1:活毛蟹を、輪ゴムで足と身体をたすきがけの様に縛ります。
※そのまま茹でると、蟹が動き回り、足を自分ではずしてしまうことがあります。
2:海水に近い沸騰したお湯に、甲羅を下にし落とし蓋を乗せて茹でます。10~15分茹で、落とし蓋をとった時に蟹が浮いてきたら茹であがりです。
▲落とし蓋をしないと蟹が動き回り、熱が均等に伝わらなくなります。
▲茹であがってから3~5時間さまして、水分を取ってから食べた方が、蟹本来の味がでて美味しく食べることができます。

【冷凍したボイル蟹の解凍法】
海水に近い塩水で蒸すのが一番良い方法です。またそれ以外では、自然解凍が良いですが、急ぎの場合は電子レンジで解凍する方法もあります。
【活毛蟹の保存方法】
海水をしみ込ませた新聞紙に包み、空気穴をあけて保冷庫(5度くらい)にいれておくと1~2日保存できます。

毛蟹(3特)1匹の値段
サイズ 重さ 大きさ 値段
930g 13cm 約4,500円
 
710g 12cm 約3,500円
 
575g 11cm 約2,500円
※時期により大きさ・値段等は変わります。

豆知識
●タラバガニとアブラガニの違い
どちらも生物学上はタラバガニ科ですが、仕入れ価格は『アブラガニ』の方が『タラバガニ』の3分の2と安い。しかし、一部では『アブラガニ』を『タラバガニ』と偽り、正規の値段より高く売っているお店もあるようです。そこで、『タラバガニ』と『アブラガニ』を間違わないための見分け方をお教え致します。まず、見た目の大きな違いは中央の甲羅にある突起の数です。4つのものが『アブラガニ』で6つのものが『タラバガニ』です。また、爪の長さにも違いがあり、同サイズの蟹の場合『アブラガニ』の方が爪が長くなっています。

タラバガニには突起が6つ
●タラバガニとアブラガニの値段の違い
[タラバガニ] 1kg当たり/約3,000円
[アブラガニ] 1kg当たり/約2,500円
ただし、『アブラガニ』の味は『タラバガニ』と比べ、ほとんど劣らない上、値段も安いので、ご贈答以外であれば『アブラガニ』を買うのも賢い選択かもしれません。

●蟹みそ
蟹みそとは『肝膵臓』と呼ばれる臓器で『中腸線』ともいいます。これは、人間で言うと肝臓と膵臓の機能を合わせ持った器官のことです。蟹みそがおいしいのは毛蟹で、蟹みその量が値段を左右する要素となっております。

●タラバガニには、蟹みそがない!?
タラバガニやアブラガニの場合は、他の蟹みそと違い、茹でても固まらないので、においの付着や汚れを防ぐため、茹でる前に取り除いています。これを『油抜き』といいます。

『旬鮮組』トップへもどる

  • おしらせ
  • 八食レポート
  • 好き勝手広場 七厘村
  • 施設のご案内
  • 旬鮮組
  • オンラインショッピング
  • Twitterでつぶやき中
  • 八食センター公式フェイスブックページ
  • 八食メールマガジン

↑ このページのトップへ