旬鮮組 - 旬の食材を八食の店主たちが独自の視点で紹介。八食ならではの商品知識は知って特するものばかり!

 
さんま
◆ ナビゲーター:島守商店 副島忠文さん
食欲の秋の食欲を満たしてくれるさんま。さんまは年中店頭に並びますが、やっぱり秋のさんまが一番うまい!旬のさんまを食べ逃さないでくださいね。サイズによって値段はまちまちですが、食べ方に応じて選べるのも八食ならでは。脂がたっぷりのさんまは焼き魚にぴったり。程よい脂のりなら刺身にぴったり。あつあつのご飯はもちろん、キリッと冷えたビールとも相性抜群!調理方法もたくさんあるので、この機会にうまいさんまをぜひお試しください。
 
さんまの見分け方
八食ならではのこだわり
なんといっても鮮度抜群のさんまが店頭に並ぶのがうれしい。また、様々な大きさのさんまを選べるのも魅力。料理に応じてさんまを選べるようになれば、もうあなたはさんまのとりこ間違いなし!

栄養と効能
さんまは鰯や鯖と並ぶ典型的な『青背魚』であると同時に、たんぱく質よりも脂肪の方が多いという珍しい魚。生活習慣病を予防するといわれるDHAやIPAを豊富に含んでいる。近年、DHAやIPAにはガンにかかりにくくしたり、ガンの転移を防いだりする働きもあるといわれる。また、さんまの内臓は独特の苦味があり、魚好きの人には特に好まれる。その内臓にはビタミンAやカルシウムなどが豊富に含まれているのでぜひ賞味してみてください。

漁場
産卵場は本州の中部以南の沖合で、秋に生まれたさんまは本州の沖合を北海道東方沖まで北上する。1年後の秋の漁期には全長30cm前後まで成長し、再び南下を開始し、東北沖で捕獲される。主に宮古・大船渡・気仙沼・女川などに水揚げされる。

  1箱の入数 長さ(身) 重さ 胴回り 値段(1パイ)
特大 約18本 35.0cm 220g 12.0cm 約250円
 
約21本 33.5cm 190g 11.5cm 約150円
 
約27本 31.0cm 150g 10.5cm 約100円
※時期により大きさ・値段等は変わります。

重要なのは背の厚さ!

『旬鮮組』トップへもどる

  • おしらせ
  • 八食レポート
  • 好き勝手広場 七厘村
  • 施設のご案内
  • 旬鮮組
  • オンラインショッピング
  • Twitterでつぶやき中
  • 八食センター公式フェイスブックページ
  • 八食メールマガジン

↑ このページのトップへ